シュヴァルツェスマーケン 感想

今更ながらマブラヴの外伝作品である「シュヴァルツェスマーケン」のPC版「紅血の紋章」「殉教者たち」をプレイしたので感想を書きたいと思う。


ちなみに原作小説は外伝や「隻影のベルンハルト」の既刊含め、発売当時に全て読破済み。

もちろんアニメも見た。(2クール欲しかったなぁ)

ネタバレ注意


続きを読む

雑記(1/27)

仕事が忙しかったり、やることが多くて最近はあんまりCSで遊べてないですね。

時間がかかるノベルゲーなんてとてもとても。

流石にMHWはやるけど


あと3週間弱だけどどうするか。一応持ってるしなぁ


ダークソウルリメイクのころには仕事が落ち着いているといいな

大変めでたいですよ!!

仕事から帰ってネットを見ていたら、めでたいニュースを発見。


一番の有名どころでいえばおそらく「けいおん」の平沢憂あたりだと思われますが、


私にとっての永遠のヒロインこと「WHITE ALBUM2」の小木曽雪菜役の米澤円さんがご結婚とご妊娠を発表されました。


本当におめでとうございます。


基本的に中の人にはそこまで興味のない私ですが、雪菜に関してだけは別で、演じられていた米澤さんの他の出演作品を中の人目当てでとりあえず見てみたりもしました。


それと実はアルバムも買ってるし。


なのでというのも変な話かもしれませんが、すごく嬉しいです。


さて、久しぶりにミニアフターを見たくなってきましたよ。

ダークソウル完結

久しぶりに更新。


ダークソウル3の2つ目のDLCクリアし、ついにダークソウルも完結。


今まで楽しく遊ばせてもらいました。

私生活の方の事情もあり、カンスト回しまくったり、対人もしっかりやった1や2に比べて3はあまりやり込めていないですが、やっぱり寂しいですね。

ブラボの後継作をだしてもいいのよ?

ペルソナ5クリア後に、実はまだ手を出していなかったブラボをやったわけですが、めちゃくちゃおもしろいですやん。

なんだかあまり評判が良くなかった感じだったのに、やっぱりネットの評判もあまり当てにならんなって。

回避ゲーでスタイリッシュ、銃パリィが爽快。盾なんかいらなかったんだ。

獣からいつの間にかコズミックホラーになっていて大好物じゃないですか!

地底もちょっとは潜りましたけど、時間がね…

その後は仁王をクリアしました。和風もいいね。ただ、モブ敵の使いまわし感がなんともね…

ボス以外は別のステージで同じモブと戦ってるばかりで飽きる。

その流れでダークソウル3のDLCをやったから、最初は回避に苦戦苦戦。

ブラボの回避力が恋しくなりつつも、思い出してきて普通にクリア。

周回でもミディールもゲールも安定して狩れました。


ミディールは頭の前に陣取り、頭に当てていくのがたぶんベスト。

開始時のような火吹き→暴れながら突進、突進、咆哮してからのつかみ攻撃に注意ですね。

暴れ突進は自分から見て右のほうへ回避。突進はとにかくタイミングを合わせてローリング。つかみ攻撃は咆哮後突っ込んで来たら後ろにローリングすれば頭に攻撃しやすい位置に来ると思う。

腕ふり、腕振り下ろし、顔ふりは簡単によけられるので、攻撃の終わりを見切って攻撃すれば余裕でしょう。

と言いつつも体力高いから集中がね。


ゲール爺は第一段階はつかみはロリで回避。咆哮後のラッシュは急いで距離をとる。それ以外は盾受けして一発ずついれていくのが一番安全だろうか。

第二段階は基本的に私は炎耐性の高い盾を構えつつ反時計に回りながら戦うのが一番楽。

まとった炎に当たらないように適宜ローリングを挟みつつ、一発ずつしっかり入れてけばいいと思う。

第三形態は個人的に一番楽。

攻撃が届かず、かつ離れすぎない位置をとりつつ、縦切り→回転縦切り、縦切り→ディレイかけ回転縦切り(クロスボウ添え)→回転縦切りをローリングで躱しながら近寄って一発の繰り返しで楽勝でした。

ドクロはもちろん距離をとる。

長~いステップでの切りつけみたいなのが一番くらう数が多かったかな。ロリで回避できることも多かったが、盾受けできるならそっちのほうが安定?

ゲールもミディールも時間はかかるけどそんなに難しく感じなかった。

デーモンの王子の方が苦手。ソロではとてもじゃないがきつい。ゲール爺を呼べば楽勝とまでは言わないが、問題なし。

今は狂王で遊んでます。


次はニーアやろうかな

ペルソナ5クリア! 適当に感想を。一応ネタバレ注意

ペルソナ5発売から2週間足らずでクリア!総プレイ時間は90時間を超え、大ボリュームで大満足。

ここ最近は仕事か、ペルソナ5か、という日々を過ごしておりました。

そして名残惜しいけれどもクリア。


皆さんは今作どう思われたでしょうか?

私はめちゃくちゃ面白かった。

怪盗といえばルパンとかキャッツアイといった往年の名作が思い出されます。

「今の十代以下にとってはこういう怪盗団みたいなものって古臭いと思うのかな~」とふと頭によぎったんですが、

正直私は大好きです。と言いますか滅茶苦茶スタイリッシュじゃないですか、と。

3、4のタルタロス、真夜中テレビの戦闘は単調でそこがマイナスポイントだったと思うのですが、

今回のダンジョン戦闘はかなり楽しく、スイスイ攻略できました。

それにシャドウが色違いの雑魚シャドウの使いまわしではなく、メガテニストにはなじみ深い「悪魔」達に変わったのでそこもよかったと思います。正確には戻ったですかね。

落ち着いたBGM、世相を反映したような内容、とにかく完成度が高い。

もちろん私にも思い出補正は存在しますが、それや作成された時期の技術レベルを差し引いてもシリーズ最高レベルの出来栄えだと私は断言します。

もちろん感想は人それぞれですが。

てなわけで、ダクソ3や世界樹の感想も書かずに放置気味だった、誰も見てなさそうなこのブログに久しぶりに顔を出す気になって。

そうしたらちょうど今日の昼間に久しぶりのコメントを戴いていたみたいで。

この拙いブログにコメントを戴けるのは本当に有難いことだなと思いました。




続きを読む

真・女神転生Ⅳ FINAL(真4F) 終わったので少し感想を

二つのルートの両方を終えての感想をちょこっと書いておこうと思う。

さて、この作品は真女神転生Ⅳのニュートラルルートの途中(といってもほぼ最終盤)から分岐したifのお話であり、Ⅳの完全版というわけではない。

どうやらあまり売り上げが振るわない(少なくとも初動は)ようなのだが、よくある前作にある程度の追加要素を加えただけの完全版ではないので、購入を考えている人にはそこを勘違いしてほしくない。

前作の登場人物や設定や舞台が前提であるものの、そこら辺の説明は作中でしっかりされていると思うし、別の主人公による新しい話なので安心してもらいたいと思う。


ゲームバランスも前作Ⅳの問題点が改善されていると思う。
難易度の調整がなされたり、前作にはなかった目的地表示で日付が空いても次に進むべき道がわかるようになったり、フィールドやMAPも便利になったりと。


そして肝心のゲーム自体の出来だが、かなり良い出来だったと思う。

天使や神々や悪魔(シリーズ的には全部悪魔だが)が跋扈する中、これまで以上に徹頭徹尾人間のための戦いという印象を受けた。
事実今作にはLAWとCHAOSルートは便宜的に設置された道中BADのようなものだけであった。

ラスボスからしてもFINALの名を冠する通り、シリーズの集大成とも言って良いのではないかと思った。
本当にFINALにする気なんじゃないかという相手で割と心配しているのは私だけだろうか。

兎にも角にもストーリーも満足の出来で、シリーズ経験者なら間違いなく買いだ。
これは声を大にして言いたい。

未経験者もオカルトというか神話というのか、そういう類に興味があるなら楽しめると思う。
今作はデビサバやソウルハッカーズのように、ストーリー的にも難易度的にもシリーズ未経験者に進めやすいのではないかと思う。


今更かもしれないがここからはネタバレ注意。
続きを読む

久しぶりの

帰りに真・女神転生Ⅳ FINAL買ってきて久しぶりに3DSを起動。

ペルソナも好きだけど、やっぱりサマナーになる方が好きだ。

真Ⅳのデータ引継ぎも終わってこれからやろうと思う。

Ⅳは見てみると、LNCクリアで1プレイ時間が104時間で思ったよりやってなかったな。

FINALはLNC全部終えるのにいつまでかかるかわからないけれど。

18日発売のスクエニの新作も気になるし、何より大物もすぐ後に控えているからね。



今季アニメの話題では、柴犬は戦闘シーンはいいけど、端折りすぎてダイジェスト風味。原作読んでいる前提かな?と。

グリムガムは面白いけど、色々言われてるらしい挿入歌はやはり違和感。

あれを特殊EDって形で演出すればいいのに、終わった後に普通にEDが始まるもんだから…

でも、原作に少し興味を持ったかも。

DimensionWも中々。ロボ娘って取り分けて好きでも嫌いでもない性質なのだが、あの子はなんかイイ。エロスを感じる。

アクティブレイドも悪くはないけど、ここ2話ほど事件のレベルが下がりすぎな気が…

あとはデュラ(と亜人あたりを



もうすぐ誕生日だなぁ。当然タオルは買った。が、使ってはいません。

ゲームやアニメを中心に
大したことでもないことを
好き勝手書いていく日記のようなものです。
ネタバレもあるので注意